コラム

ドイツビールって何だろう?

ドイツビールって何だろう?

ドイツと言えば、一人あたりの年間ビール消費量が世界3位というビール大国。ドイツのビールは、日本のビールよりもまろやかで甘みのあるものも多く、苦みが苦手な人にも飲みやすいタイプが多いです。そんなドイツで愛されている「ドイツビール」の定義や特徴についてご紹介します!   1.ドイツビールの特徴 ドイツビールの特徴は、まず「ビール純粋令」にうたわれている「麦芽・ホップ、水、酵母」のみで造るという点。「ビール純粋令」は、1516年にドイツで制定された法律です。ビール造りには、他国ではコーンスターチやスパイスなどを加えて風味を出すことがありますが、ドイツビールは品質を守るために、原料をこの4つのみにするという決まりがありました。1987年に法的な効力を失った今でも、この純粋令を守ったビール造りをしている醸造所が多くあり、法令の重さではなくドイツのビール文化の誇りとして生き続けています。たった4種類の原料だからこそ、その原料選びや工程にとことんこだわるクラフトマンシップ。4種類の原料だけとは思えないバリエーションと豊かな風味が、まさにドイツビールの最たる特徴と言えるでしょう。次に、ドイツビールの分かりやすい特徴は、そのカラフルなカラーバリエーション。麦芽によって左右される色は、黄金色、黄色、琥珀色、黒色などさまざまにあり、その美しい色のバリエーションには、ついうっとり見惚れてしまうほど。中には濁って見えるビールもありますが、これは酵母をろ過していないためで、まろやかでナチュラルな味わいが楽しめます。   2.代表的なドイツビールの種類 ドイツビールで、中世以来バイエルン地方を中心に飲み継がれてきたのが、シュマッツでもおすすめしているエールビールの「Weizen(ヴァイツェン)」。その他にも、ラガービールの中でもすっきりした飲み心地の「Pilsner(ピルスナー)」やピルスナーよりも軽くてすっきりした味わいの「Helles(へレス)」、香りが豊かでコクが深い「Alt(アルト)」、黒ビール好きにおすすめしたい「Schwarz(シュヴァルツ)」などドイツビールの種類は多種多様です。ヴァイツェンは、小麦を意味する名前のとおり原料は小麦。バイエルン地方のビールと言えば、今でもヴァイツェンが主流です。色のバリエーションも豊かで、濁りを残したものや琥珀色になるものなどさまざま。苦みはあまりなく、香りもフルーティで口当たりもマイルド、ホップの旨みを感じることができる、華やかかつ飲みやすいビールです。シュマッツでも、自信を持ってヴァイツェンを提供しています!ピルスナーは、日本人にも最も馴染みがあり、現在では世界中の大半飲まれているビールでもあります。キレと苦みが特徴で、透き通った黄金色が美しいビールです。シュマッツのレストランでは、代表的なオリジナルのジャーマンクラフトビール3種、Weizen(ヴァイツェン)・Lager(ラガー)・IPA(インディア・ペールエール)のほかにも複数種類のジャーマンクラフトビールをご用意していますので、ぜひ飲み比べてみてくださいね。   3. ジャーマンクラフトビールの楽しみ方 個性豊かな銘柄を楽しむ ドイツでは国内各地にいくつもの醸造所があるため、地域毎の個性が出て、銘柄数も豊富。歴史あるドイツビールブランドが数多くあるため、ぜひ複数のドイツビールを飲み比べてそれぞれの個性を楽しんでいただきたいです。同じ「ヴァイツェン」や「ラガー」でも、ブランドによってさまざまな個性があります。そういった個性を楽しみながら、個人の好みに合わせて自由に選べるのもジャーマンクラフトビールの魅力の一つです。自宅でジャーマンクラフトビールを飲む時は、キンキンに冷やさずに程良い冷たさで飲むのがおすすめ。キンキンで飲むよりも、冷蔵庫で冷やしたうえで少し時間を置いたくらいの方が、繊細な香りや味わいを楽しむことができます。特にWeizen(ヴァイツェン)であれば、冷蔵庫から出して待つ間に、瓶をゆっくり上下に返すか横にゴロゴロ転がすことによって瓶の底に溜まった酵母が全体に行き渡るため、美味しさが増しますのでぜひお試しください! ドイツ人のビールの楽しみ方として、自宅で楽しむことはもちろんですが、クナイペという居酒屋、出来立てのビールを楽しむことができるブルワリー経営のビアホール、屋外のビアガーデンなどさまざまなシーンでビールと共に過ごしています。そんな多様なドイツのビールの楽しみ方をお客さまに届けたいという想いで生まれたシュマッツ。ぜひ、シュマッツでジャーマンクラフトビールとお料理を楽しんでください。また、ボトルビールで“おうちでシュマッツ”も楽しんでください!

ドイツビールって何だろう?

ドイツと言えば、一人あたりの年間ビール消費量が世界3位というビール大国。ドイツのビールは、日本のビールよりもまろやかで甘みのあるものも多く、苦みが苦手な人にも飲みやすいタイプが多いです。そんなドイツで愛されている「ドイツビール」の定義や特徴についてご紹介します!   1.ドイツビールの特徴 ドイツビールの特徴は、まず「ビール純粋令」にうたわれている「麦芽・ホップ、水、酵母」のみで造るという点。「ビール純粋令」は、1516年にドイツで制定された法律です。ビール造りには、他国ではコーンスターチやスパイスなどを加えて風味を出すことがありますが、ドイツビールは品質を守るために、原料をこの4つのみにするという決まりがありました。1987年に法的な効力を失った今でも、この純粋令を守ったビール造りをしている醸造所が多くあり、法令の重さではなくドイツのビール文化の誇りとして生き続けています。たった4種類の原料だからこそ、その原料選びや工程にとことんこだわるクラフトマンシップ。4種類の原料だけとは思えないバリエーションと豊かな風味が、まさにドイツビールの最たる特徴と言えるでしょう。次に、ドイツビールの分かりやすい特徴は、そのカラフルなカラーバリエーション。麦芽によって左右される色は、黄金色、黄色、琥珀色、黒色などさまざまにあり、その美しい色のバリエーションには、ついうっとり見惚れてしまうほど。中には濁って見えるビールもありますが、これは酵母をろ過していないためで、まろやかでナチュラルな味わいが楽しめます。   2.代表的なドイツビールの種類 ドイツビールで、中世以来バイエルン地方を中心に飲み継がれてきたのが、シュマッツでもおすすめしているエールビールの「Weizen(ヴァイツェン)」。その他にも、ラガービールの中でもすっきりした飲み心地の「Pilsner(ピルスナー)」やピルスナーよりも軽くてすっきりした味わいの「Helles(へレス)」、香りが豊かでコクが深い「Alt(アルト)」、黒ビール好きにおすすめしたい「Schwarz(シュヴァルツ)」などドイツビールの種類は多種多様です。ヴァイツェンは、小麦を意味する名前のとおり原料は小麦。バイエルン地方のビールと言えば、今でもヴァイツェンが主流です。色のバリエーションも豊かで、濁りを残したものや琥珀色になるものなどさまざま。苦みはあまりなく、香りもフルーティで口当たりもマイルド、ホップの旨みを感じることができる、華やかかつ飲みやすいビールです。シュマッツでも、自信を持ってヴァイツェンを提供しています!ピルスナーは、日本人にも最も馴染みがあり、現在では世界中の大半飲まれているビールでもあります。キレと苦みが特徴で、透き通った黄金色が美しいビールです。シュマッツのレストランでは、代表的なオリジナルのジャーマンクラフトビール3種、Weizen(ヴァイツェン)・Lager(ラガー)・IPA(インディア・ペールエール)のほかにも複数種類のジャーマンクラフトビールをご用意していますので、ぜひ飲み比べてみてくださいね。   3. ジャーマンクラフトビールの楽しみ方 個性豊かな銘柄を楽しむ ドイツでは国内各地にいくつもの醸造所があるため、地域毎の個性が出て、銘柄数も豊富。歴史あるドイツビールブランドが数多くあるため、ぜひ複数のドイツビールを飲み比べてそれぞれの個性を楽しんでいただきたいです。同じ「ヴァイツェン」や「ラガー」でも、ブランドによってさまざまな個性があります。そういった個性を楽しみながら、個人の好みに合わせて自由に選べるのもジャーマンクラフトビールの魅力の一つです。自宅でジャーマンクラフトビールを飲む時は、キンキンに冷やさずに程良い冷たさで飲むのがおすすめ。キンキンで飲むよりも、冷蔵庫で冷やしたうえで少し時間を置いたくらいの方が、繊細な香りや味わいを楽しむことができます。特にWeizen(ヴァイツェン)であれば、冷蔵庫から出して待つ間に、瓶をゆっくり上下に返すか横にゴロゴロ転がすことによって瓶の底に溜まった酵母が全体に行き渡るため、美味しさが増しますのでぜひお試しください! ドイツ人のビールの楽しみ方として、自宅で楽しむことはもちろんですが、クナイペという居酒屋、出来立てのビールを楽しむことができるブルワリー経営のビアホール、屋外のビアガーデンなどさまざまなシーンでビールと共に過ごしています。そんな多様なドイツのビールの楽しみ方をお客さまに届けたいという想いで生まれたシュマッツ。ぜひ、シュマッツでジャーマンクラフトビールとお料理を楽しんでください。また、ボトルビールで“おうちでシュマッツ”も楽しんでください!

「Schmatz」の名前に込めた想い

「Schmatz」の名前に込めた想い

ドイツの伝統と誇りを感じられる本場のビール文化と、そこから生まれたジャーマンクラフトビールの美味しさ、楽しみ方を知って欲しいという思いから2013年に誕生した「Schmatz」(シュマッツ)。 より多くのお客さまに、私たちシュマッツのこと、そして、私たちの届けたい価値観を知って欲しい!そこで、まずはブランド名に込めた想いやシュマッツが目指す世界についてご紹介します。   1.シュマッツビール誕生の理由 ドイツの伝統と誇りを感じられるジャーマンクラフトビール 「シュマッツはドイツの会社?」と聞かれることがあります。いいえ、シュマッツは日本で生まれたジャーマンクラフトビールブランドです。創業者のクリストファー・アックスとマーク・リュッテンの2人は、ドイツ生まれのドイツ育ち。2人は幼馴染で、日本での滞在経験があったため、日本にとても親しみを持っていました。  そんな2人が、大好きになった日本でどうしても違和感を覚えたことありました。それが「とりあえずビール」という言葉。今でこそクラフトビールや世界のビールの楽しみ方も広がりつつありますが、それでも日本では“喉越し”をビールの良さとする傾向が大きいです。ドイツでは、ビール自体が持つ香りや味わい、飲む温度や注がれるグラス、一緒に味わう料理など、ビールの楽しみ方がもっと豊か。そこで、喉越しだけではないビールの魅力をもっと知ってもらい、日本で本場ドイツのジャーマンクラフトビールを楽しんでもらいたいと、シュマッツビールを生み出しました。   2.「Schmatz」に込められた想い  そもそも「Schmatz」という名前を見て「なんて読むんだろう?」「どういう意味なんだろう?」と思われる方がほとんどではないでしょうか。日本では馴染みのないことばではありますが、「Schmatz」とは、ドイツ語で「幸せの音」を意味する言葉です。この名前には、私たちの大切にする想いが込められています。 「幸せの音」は、人それぞれ多様に表現できます。例えば、美味しいものを食べた時に舌がなっちゃうような音。大好きな仲間と美味しいビールを片手に料理を囲む景色から聴こえる音。仕事終わりのご褒美にビールをプシュッと開けるときの音もそうかもしれません。人によって、シーンによって、さまざまな「幸せの音」があるはず。 そんなさまざまな「幸せの音」に溢れる世界をつくりたいというのが、私たちの掲げている世界です。大好きなビールを通じて、皆さまに「ああ、幸せ」と感じられる瞬間をたくさん提供していきたい。そんな想いを込めて、私たちはブランド名を「Schmatz」と名付けました。   3.これからも歩み続けるシュマッツ 2015年に東京・赤坂にオープンしたビアダイニング1号店 創業時はたった2人から始まったシュマッツですが、2015年に東京・赤坂にビアダイニング1号店をオープン。今ではレストランが30店舗以上、シュマッツビールの取り扱い店舗も200店舗を超えました!また、ドイツビールの基本とブルワリーの持つ伝統を守りながらも、他の醸造所と融合させた新しいコラボレーションや日本らしさをプラスしたジャーマンクラフトビール造りにも挑戦。最近では、環境等に配慮した、シュマッツの考えるサステイナブルな取り組みも実践しています。時代に合った新しさにも挑戦しつつ、これまで積み上げられてきたドイツビールの伝統文化や技術を守っていくこと。そして、皆さまにビールの奥深さや楽しみ方をもっときちんと伝えていくことも、私たちの大切な役割です。シュマッツビールを通じて、皆さまの日常に「幸せの音」が溢れることを願っています。

「Schmatz」の名前に込めた想い

ドイツの伝統と誇りを感じられる本場のビール文化と、そこから生まれたジャーマンクラフトビールの美味しさ、楽しみ方を知って欲しいという思いから2013年に誕生した「Schmatz」(シュマッツ)。 より多くのお客さまに、私たちシュマッツのこと、そして、私たちの届けたい価値観を知って欲しい!そこで、まずはブランド名に込めた想いやシュマッツが目指す世界についてご紹介します。   1.シュマッツビール誕生の理由 ドイツの伝統と誇りを感じられるジャーマンクラフトビール 「シュマッツはドイツの会社?」と聞かれることがあります。いいえ、シュマッツは日本で生まれたジャーマンクラフトビールブランドです。創業者のクリストファー・アックスとマーク・リュッテンの2人は、ドイツ生まれのドイツ育ち。2人は幼馴染で、日本での滞在経験があったため、日本にとても親しみを持っていました。  そんな2人が、大好きになった日本でどうしても違和感を覚えたことありました。それが「とりあえずビール」という言葉。今でこそクラフトビールや世界のビールの楽しみ方も広がりつつありますが、それでも日本では“喉越し”をビールの良さとする傾向が大きいです。ドイツでは、ビール自体が持つ香りや味わい、飲む温度や注がれるグラス、一緒に味わう料理など、ビールの楽しみ方がもっと豊か。そこで、喉越しだけではないビールの魅力をもっと知ってもらい、日本で本場ドイツのジャーマンクラフトビールを楽しんでもらいたいと、シュマッツビールを生み出しました。   2.「Schmatz」に込められた想い  そもそも「Schmatz」という名前を見て「なんて読むんだろう?」「どういう意味なんだろう?」と思われる方がほとんどではないでしょうか。日本では馴染みのないことばではありますが、「Schmatz」とは、ドイツ語で「幸せの音」を意味する言葉です。この名前には、私たちの大切にする想いが込められています。 「幸せの音」は、人それぞれ多様に表現できます。例えば、美味しいものを食べた時に舌がなっちゃうような音。大好きな仲間と美味しいビールを片手に料理を囲む景色から聴こえる音。仕事終わりのご褒美にビールをプシュッと開けるときの音もそうかもしれません。人によって、シーンによって、さまざまな「幸せの音」があるはず。 そんなさまざまな「幸せの音」に溢れる世界をつくりたいというのが、私たちの掲げている世界です。大好きなビールを通じて、皆さまに「ああ、幸せ」と感じられる瞬間をたくさん提供していきたい。そんな想いを込めて、私たちはブランド名を「Schmatz」と名付けました。   3.これからも歩み続けるシュマッツ 2015年に東京・赤坂にオープンしたビアダイニング1号店 創業時はたった2人から始まったシュマッツですが、2015年に東京・赤坂にビアダイニング1号店をオープン。今ではレストランが30店舗以上、シュマッツビールの取り扱い店舗も200店舗を超えました!また、ドイツビールの基本とブルワリーの持つ伝統を守りながらも、他の醸造所と融合させた新しいコラボレーションや日本らしさをプラスしたジャーマンクラフトビール造りにも挑戦。最近では、環境等に配慮した、シュマッツの考えるサステイナブルな取り組みも実践しています。時代に合った新しさにも挑戦しつつ、これまで積み上げられてきたドイツビールの伝統文化や技術を守っていくこと。そして、皆さまにビールの奥深さや楽しみ方をもっときちんと伝えていくことも、私たちの大切な役割です。シュマッツビールを通じて、皆さまの日常に「幸せの音」が溢れることを願っています。

シュマッツ初開催! 「Schmatz presents Finest Beer Selection Festival」レポート

シュマッツ初開催! 「Schmatz presents Finest Beer Selecti...

2023年、ドイツで「Finest Beer Selection by Meininger & Doemens」という新しい形のビール品評会が初開催されました。シュマッツでは、世界に認められたクラフトビールをみんなで楽しみながら交流できる場として、その品評会で国際ビール部門の第一位を含む金賞を受賞したビールたちだけを集め、その場で飲むことができる新しいフェスを初企画。 シュマッツ松竹スクエア(東銀座)にて、4月6日・7日に開催した「Schmatz presents Finest Beer Selection Festival」当日の様子をご紹介します!   1.「Finest Beer Selection by Meininger & Doemens」金賞ビール シュマッツがコラボ商品「dark bären lager」などを出させていただいているベアレン醸造所もラインナップ 「Finest Beer Selection by Meininger &...

シュマッツ初開催! 「Schmatz presents Finest Beer Selecti...

2023年、ドイツで「Finest Beer Selection by Meininger & Doemens」という新しい形のビール品評会が初開催されました。シュマッツでは、世界に認められたクラフトビールをみんなで楽しみながら交流できる場として、その品評会で国際ビール部門の第一位を含む金賞を受賞したビールたちだけを集め、その場で飲むことができる新しいフェスを初企画。 シュマッツ松竹スクエア(東銀座)にて、4月6日・7日に開催した「Schmatz presents Finest Beer Selection Festival」当日の様子をご紹介します!   1.「Finest Beer Selection by Meininger & Doemens」金賞ビール シュマッツがコラボ商品「dark bären lager」などを出させていただいているベアレン醸造所もラインナップ 「Finest Beer Selection by Meininger &...